【Google Developer Console】アカウントの作成方法

【Google Developer Console】アカウントの作成方法

Androidアプリを世界に公開するためには、Google Play Console のアカウントが必要になります。

アカウント作成といっても難しいものではなく、幾つかの手順を踏めば、簡単に作ることができます。

今回はその手順を説明していきます!

Google Play Consoleとは…???

まずは、Google Developerのサイトにアクセスしてください。

https://developer.android.com/distribute/console/index.html?hl=ja

Google Play Consoleとは、Androidアプリの配信の管理をするものです。

APKファイルのアップロード、Play Storeに掲載する情報などを登録するものです。

Googleアカウントの紐付けとデベロッパー契約の合意

デベロッパーアカウントを取得するにはGoogleアカウントが必要です。

Androidを作ろうとしている人がGoogleアカウントを持っていないことはないとは思いますが、持っていない方は新たに取得する必要があります。

ログイン済みですと、このような画面が表示されます。

画面の下にあるデベロッパー契約に合意のチェックボックスにチェックをいれて、「支払いに進む」をクリックしてください。

登録料の支払

登録料($25)の支払いが必要です。

一度支払えば、年会費など追加で請求されることはありません。1度きりとして、支払いをしてしまいましょう。

Google Paymentでの支払いとなります。

利用できるカードはVISA、Master、AMEX、JCB、DISCOVER ですね。

カード情報と郵便番号を入力して「支払う」をクリックしてください。

このようなダイアログが表示されれば支払処理は完了です。

Advertisement

アカウント情報の登録

支払い処理が終わると、アカウント情報の登録を行います。

  • アカウント名
  • メールアドレス
  • ウェブサイトのURL(任意)
  • 電話番号

項目名を見てもらえればわかると思いますので、ご自身の情報を登録してください。

後で変更ができるようなので、仮の情報でも大丈夫です。

入力後に、OKをクリックしてください。

ここまでできれば、アカウントの作成完了です。

Play Consoleにアクセスすると、このような画面が表示されると思います。

これで、アプリの申請ができるようになりました!

あとは、アプリを作って申請していけば、アプリを提供することができます!